「つどい」「つながり」「めくるめく」みんなが輝くしんゆりへ

ホーム地域ニュースいざという時こそ自助の意識を「区民防災塾」が開催されました

いざという時こそ自助の意識を「区民防災塾」が開催されました




 
区民防災塾
災害時に役立つアウトドアテクニックや災害に対しての備えなどを学び、家族で楽しく防災スキルを向上しようという「区民防災塾」が6月4日、川崎市王禅寺四ツ田緑地で開催されました。
 
内容は第1部の「着火体験や炊飯体験を通じて防災スキルを向上させよう」と第2部の「災害の種類に応じた適正な避難行動や家庭の備蓄について学ぼう」の2部構成。
 
当日は火を起こしてそのお湯でレトルト食材を調理したり、イオンスタイル新百合ヶ丘の弓削さんが講師を務める「わかりやすいローリングストックの話」を聞かせていただくなど、有意義で楽しい時間となりました。

ユーモアを交えて解説された「ローリングストックについて」。参加者から笑顔がこぼれました

いつどういった規模で、どんな形で起こるかわからない災害ですが、こうして日頃から取り組める防災で少しでも不安を軽減しておきたいですね。
 
 
[INFORMATION]
区民防災塾
主催:麻生区役所
協力:NPO法人 国際自然大学校、新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム
 
イオンスタイル新百合ヶ丘「ローリングストックについて」
https://chirashi.otoku.aeonsquare.net/pc/chirashi/bousai/r_stock.html

新百合フェスティバル・マルシェ

Latest Posts