CHARMS OF SHINYURI
しんゆりの魅力

「丘の上 JAZZ 2019」 東京よみうりカントリークラブで9/15(日)に開催

丘の上ジャズ

「丘の上 JAZZ 2019」出演者:(左から時計回りに)紗理(Vo)、右近茂(Ts)、木村由紀夫(Dr)、成重幸紀(Ba)、バーニー田辺(G)



恒例となった東京よみうりカントリークラブの「丘の上 JAZZ」。8回目を迎えた今回は、おなじみの右近茂カルテットに加え、キュートなジャズシンガー紗理がスウィートな歌声を届けます。9月15日(日)に同カントリークラブで開催。食事をしながら、ジャズのスタンダートナンバーを気軽に楽しみましょう。

《出演》
右近 茂(テナーサックス)
1963年神戸市生まれ。幼い頃観た古いハリウッドのジャズ映画などに魅せられ、ジャズメンの道を志す。上京後、若手には珍しく、都会的でオーソドックスにスイングするテナーマンとして注目を集め、世良譲(Pf)、北村英治(Cl)、藤家虹二(Cl)、猪俣猛(Dr)ら大御所のミュージシャンとの多くの共演でキャリアを積む。1998年にはスイング系テナー奏者として人気のハリー・アレンとテナーバトルを演じ好評を博す。また,数少ないクラリネット奏者としての評価も高く、藤家虹二のアルバムに参加。2001年にファーストアルバム『Ukon At Ease』を発表。猪俣猛ジャズカルテットで、客船「飛鳥2」ワールドクルーズにゲストエンターテイナーとして毎年乗船。現在は自己のカルテットで横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」のレギュラー出演のほか、北村英治クインテット、猪俣猛カルテット、谷口英治(Cl)セクステットなどメンバーとして活躍中。2008年にセカンドアルバム『ストレンジャー イン パラダイス』をリリース。日本ジャズ賞にノミネートされた。 偉大なジャズ・スタンダードを小粋に,スインギーに良い音で演奏してゆくことをモットーにしており、現代的な感覚とトラディショナルなイディオムがハイレベルで融合したテナーマンである。

バーニー田辺(ギター)
1965年1月13日生まれ。東京都出身。10歳からギターを始め、高校時代からジャズに傾倒しジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。1985年からプロとしての活動を開始し、1988年に渡米。ニューヨークを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ねる。1999年、岸ミツアキ・トリオで、カリフォルニア州・コンコードジャズフェスティバルに出演。カウントベイシーオーケストラ、ローズマリークルーニー、マンハッタントランスファーなどと同じステージに立つ。阿川泰子、岸ミツアキ、LOVE NOTES等、CD・DVDなどのレコーディングセッションにも数多く参加。LOVE NOTESではテレビ番組のアレンジやCMソングの提供、CMにも出演。PPMのポールストゥーキーとLAでレコーディング。最近ではテナーサックスのスコットハミルトン、ピアニスト・ノーマンシモンズのツアーとレコーディングに参加。また教則本の出版や音楽雑誌の試奏レポート等、他分野で活躍。2004年リーダーアルバム『バーニーズチューン』をスキップレコードより発売。ウェス・モンゴメリー、バーニー・ケッセル、フレディ・グリーンなどを敬愛し、ソロギターからビッグバンドのアンサンブルに至るまで、幅広いスタイルをこなすプレイヤーとして定評がある。

紗理(ボーカル)
1985年横浜生まれ。日本を代表するジャズサックス奏者、中村誠一(T.sax)の娘。5歳よりダイアナ石山 Song & Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。ミュージカル女優を目指していた高校2年次、エラ・フィッツジェラルドの歌に衝撃と感銘を受け、ジャズヴォーカリストになりたいと思うようになる。「味の素ギフト」「タイヤ館」「三ツ矢サイダー」のCMソングやナレーションなどでも活躍。現在、ジャズシンガーとして、ソロ活動をする傍ら、紗理(Vo)・優日(Vo)の2人から成るジャズコーラスユニット「Chai-Chii Sisters(チャイチーシスターズ)」でも活躍中。2012年5月発売のジャズシンガーakikoと共にニューオリンズでレコーディングしたミニアルバム、『Swingy Swingy with Chai-Chii Sisters』にてフィーチャリングされる。

成重 幸紀(ベース)
1950年、福岡生まれ。今村祐二クィンテット、中村誠一クァルテット、吉田賢一トリオなどを経て、三木敏吾インナーギャラクシーオーケストラに参加し、1979年にスイス・モントルージャズフェスティバルに出演。また、ジャズシンガーの峰純子、中本マリ、キャロル・スローン、などのグループでコンサートツアーやレコーディングに参加。その後、田代ユリ、ジミー竹内、雪村いづみ、寺井尚子、など各氏のグループを経て、現在は猪俣猛クァルテットなどで活躍中。豊かな経験で養われた柔軟で安定したプレイは、共演者の力量をいつも最大限に引き出すことができる。

木村 由紀夫(ドラム)
福島県いわき市四倉町出身。東海大学在学中、ジャズ研究会に入部しジャズドラムを始める。1972年、赤坂「ミカド」のハウスバンドでプロとしてスタート。自己のバンドでライブ活動を始めながら、20代の時から、高田馬場BIG BOXでの「Victor Jazz Vocal Salon」に金子晴美(Vo)らと共にレギュラー出演。2011年よりNew Standards Quintetを結成、ライブハウス、コンサートなど精力的に活動中。2001年4月から、尚美学園大学にて後進の育成にもあたっている。


 [INFORMATION]
丘の上 JAZZ 2019 in 東京よみうりカントリークラブ
開催日時:2019年9月15日(日) 18:50開演(開場18:00)第1部 18:50〜19:30、第2部 19:50〜20:30
会場:東京よみうりカントリークラブ内レストラン(小田急線・新百合ヶ丘駅よりクラブバスまたはタクシー15分、京王線・稲城駅よりタクシー10分)
出演:右近 茂(Ts)、紗理(Vo)、バーニー田辺(G)、成重 幸紀(Ba)、木村 由紀夫(Dr)※予定
料金:5,000円(全席指定・税込、ワンドリンク&オードブル付)
※コース料理1人3,500円(税込、予約制)有
※ドリンクは、生ビール・スパークリングワイン、・ソフトドリンクから選択
※その他フード、ドリンクメニューも用意
※席は1〜4名用を用意
※未就学児入場不可
※Tシャツ・ジーンズ・サンダルでの入場は不可
クラブバス発車時刻・場所:新百合ヶ丘駅より徒歩2分「ホテルモリノ」正面玄関より、17:50・18:20発
※終演後も新百合ヶ丘駅まで運行

主催:東京よみうりカントリークラブ
企画運営:株式会社エリアブレイン

毎年恒例となった丘の上JAZZ 。ジャズを気軽に楽しめるのが魅力です(過去の様子)



【お問合せ】
東京よみうりカントリークラブ
TEL:044-966-1144(予約専用ダイヤル、年中無休、10:00〜18:00)
URL:http://www.tokyoyomiuri.com/