CHARMS OF SHINYURI
しんゆりの魅力

自由研究は怖くない! 麻生市民館岡上分館で7/20(土)から全3回の講座を開催

岡上地区に生息する昆虫の例(左:カブトムシ、右:タマムシ)



間もなく楽しい夏休みが始まります。その一方で、多くの子どもたちの悩みの種は「自由研究」ではないでしょうか。自由研究は難しいと思いがちですが、考え方を知れば怖くないのです。
7月20日(土)・28日(日)・29日(月)の全3回、麻生市民館岡上分館や和光大学裏の尾根道で開催される「夏休み・自由研究のミカタ~考え方を知れば、自由研究は怖くない~」では、昆虫観察会を通して自由研究をまとめるために必要な「科学的思考」を学ぶことができます。

会場となる岡上地区は、昔ながらの自然が残されている地域。講座では「岡上に生きる昆虫たち~昆虫の昼の活動の様子から、夜の活動の様子を予想し確かめよう~」をテーマに観察を進め、研究レポートを仕上げます。自分なりの仮説を立てるところから始めて「こうじゃないかな?」を実際に確かめ、「なんでそうなったのかな?」までを考えてまとめます。

独自の昆虫観察シートや仮説から考察までをスモールステップでまとめるワークシートを使用する充実の講座です。講師には岡上の昆虫に詳しい、和光大学の先生を迎えます。「科学的思考」は学校でも役に立つ、問題解決思考の学びです。講座に参加して、子どもが一回り成長する夏にしてみてはいかがでしょうか。


[INFORMATION]
夏休み・自由研究のミカタ~考え方を知れば、自由研究は怖くない~
開催日時:2019年7月20日(土)・28日(日)・29日(月)
会場:麻生市民館岡上分館(小田急線・鶴川駅徒歩7分)及び和光大学裏の尾根道
内容:
●7月20日(土)9:00~12:00 ※雨天時7月21日(日)
・オリエンテーション
・講義と昼間の昆虫観察会
持ち物:筆記用具、水筒、帽子、汗ふきタオル、虫よけ、カメラ(要自己管理)
※黒い服は避けること
●7月28日(日)18:30~20:30 ※雨天時8月4日(日)
・夜間の昆虫観察会
・考えた仮説を確かめよう
持ち物:筆記用具、仮設ワークシート、昆虫観察シート、水筒、虫よけ、カメラ(要自己管理)・リュック
●7月29日(月)9:00~12:00 ※7月28日(日)が雨天の場合は8月6日(火)に変更
・観察結果を研究の形式でまとめてみよう
持ち物:筆記用具、仮設ワークシート、撮った写真、観察シート、水筒

講師:齋藤透さん(和光大学地域・流域共生フォーラム)
対象:おおむね小学3年生~中学1年生
定員:20人(先着順)
申込み:6月20日(木)~7月15日(月)に電話・FAX・メール・麻生市民館岡上分館への来館にて受付
参加費:無料 ※実費負担300円程度
主催:キッズ学びサポートプロジェクト企画実行委員会・川崎市教育委員会
※7月28日(日)のみ保護者の送迎必須(夜間の開催となるため)
※3日間で1講座なので、原則3日間出席


【お申込み・お問合せ】
麻生市民館岡上分館
TEL:044-988-0268 
FAX:044-986-0472 
MAIL:88okaga@city.kawasaki.jp