CHARMS OF SHINYURI
しんゆりの魅力

関東納めの「麻生不動だるま市」1/28(月)に開催

麻生不動だるま市

1年の無病息災や家内安全を願いだるまを求める多くの人でにぎわいます



麻生区下麻生には150年以上前から続く麻生不動院があり、毎年1月28日には「だるま市」が開催されています。年末年始に開かれることが多いだるま市ですが、同院では明治の終わりごろから1月28日に行われるようになりました。そして100年以上経った現在も曜日を問わずこの日に開かれ、「関東納めのだるま市」として多くの人でにぎわいます。

だるまは転んでも起き上がるので縁起が良いとされ、家内安全や無病息災の縁起物として親しまれてきました。麻生不動のだるま市では、購入すると店の人が威勢よく三本締めで景気をつけてくれます。そのだるまに願を掛け、1年経って願い事が叶ったらもう一方の目を入れて納めます。

また、麻生不動尊は「火伏せの不動」としても全国的に有名です。縁日に参拝し穴あき古銭を預かるとその家は火難にあわず、やけどもしないと言われます。そして、1年間無事であった場合は穴あき古銭に御礼を添えてお返しし、新しい穴あき銭を預かって帰るという習わしがあります。

麻生不動のだるま市は、次世代に受け継いでいきたい麻生区の魅力として、麻生区民の投票による「ふるさと麻生八景」にも選定。縁日当日の境内と参道には、だるまを売る屋台をはじめ、植木市や食べ物などのさまざまな露店が並び、大勢の参詣者が訪れます。
1月28日にはぜひ、麻生不動のだるま市へ出向いてみては。日本古来の風景や露店のにぎわいを楽しめることでしょう。


[INFORMATION]
麻生不動だるま市
開催日時:2019年1月28日(月)8:00~17:00
場所:麻生不動院(麻生区下麻生1-21-10)
※入場無料
アクセス:小田急線・新百合ヶ丘駅バス15分「大谷」下車徒歩8分、小田急線・柿生駅バス10分「麻生不動入口」下車徒歩5分
※周辺道路は通行止めとなるため、混雑が予想されます。公共交通機関の利用がおすすめです。