CHARMS OF SHINYURI
しんゆりの魅力

しんゆりジャズスクエアvol.36 「BIG3 GUITARISTS」11/23(祝)に開催

しんゆりジャズスクエアvol.36

毎回多彩なテーマで構成される「しんゆりジャズスクエア」のvol.36「BIG3 GUITARISTS」が11月23日(祝)、川崎市アートセンター アルテリオ小劇場で開催されます。
今回のライブには、日本を代表するジャズギターの名手、布川俊樹、竹中俊二、田辺充邦が出演。「サマータイム」「酒と薔薇の日々」「枯葉」など名曲の数々を奏でます。ジャズギターの魅力が存分に感じられる迫力のステージに酔いしれてみては。


[INFORMATION]
しんゆりジャズスクエアvol.36「BIG3 GUITARISTS」
開催日時:2018年11月23日(祝)19:00開演(開場18:30)
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)

《出演》
布川 俊樹(ギター)
1958年7月29日東京生まれ。日本を代表するコンテンポラリージャズギタリスト。中学時代にマイルス・デイヴィスを聴いてジャズに目覚める。東京工業大学在学中からさまざまなコンテストで優勝し、1981年にミッキー・カーチスのサポートでプロ活動開始。1985年 マルタHit&Run に参加。その後幅広い音楽活動のかたわら、VALIS(ヴァリス)を率いてデビュー作「ヴァリス」(1991年)から2003年解散までに5枚のアルバムをリリース。その他大ヒットした「ウルトラマンジャズ」(1998年)はシリーズ化して全5作、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソンらとのLA録音「ディパーチャー」(1999年)、納浩一との DuoRama 3作、山木秀夫を迎えたトリオアルバム「ブラッドトリオ」(2004年)、初のスタンダード作品「スタンダードジャズプロジェクト」(2009年)、福田重男とのデュオ作品「Chlldhood’s Dream」(2011年)、2017年は「布川俊樹SJPトリオライブ~天空の滝」、福田重男との2作目「Old Boys’ Dreams」など立て続けにアルバムをリリースした。また教則本、映像も多数あり「ジャズ.ギターの金字塔」はベストセラー。洗足学園音楽大学ジャズコース講師は2000年より務めている。

竹中 俊二(ギター)
エレキギター、アコーステックギター、サウンドプロデューサー、作曲家、編曲家、ギターインストラクター。高知県出身、10月23日生まれ、天秤座、AB型。幼少よりピアノを学び、ロックギタリストだった兄の影響によりギターを始める。実家がジャズ喫茶を経営していた事もあり、音楽に目覚める。クラシックギターを平木勝津夫に、ジャズギターを潮先郁男に師事。松下奈緒、マリーン、平井堅、ギラ・ジルカ、中西俊博、溝口肇、ゴスペラーズ、Jazztronik、中森明菜など、多くのアーティストのレコーディングやサポート。ビートマニアやドンキーコンガなどのゲーム音楽、及びCM音楽制作。アーティストへの楽曲提供やアレンジ及びサウンドプロデュースなどなど、幅広い分野を駆け巡る雑食系サウンドクリエーター&ギタリスト。

田辺 充邦(ギター)
1965年1月13日生まれ。東京都出身。10歳からギターを始め、高校時代からジャズに傾倒しジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。1988年に渡米し、ニューヨークを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ねる。1999年、岸ミツアキ・トリオで、カリフォルニア州・コンコードジャズフェスティバルに出演。カウントベイシーオーケストラ、ローズマリークルーニー、マンハッタントランスファーなどと同じステージに立つ。阿川泰子、岸ミツアキ、LOVE NOTESなど、CD・DVDなどのレコーディングセッションにも数多く参加。LOVE NOTESではTV番組のアレンジやCMソングの提供、CMにも出演。最近ではテナーサックスのスコットハミルトン、ピアニスト・ノーマンシモンズのツアーとレコーディングに参加。また教則本の出版や音楽雑誌の試奏レポートなど、他分野で活躍。2004年リーダーアルバム「バーニーズチューン」をスキップレコードより発売。ソロギターからビッグバンドのアンサンブルに至るまで、幅広いスタイルをこなすプレイヤーとして定評がある。

佐瀬 正(ベース)
12才の頃よりエレクトリックベースを弾き始める。1991~1997年の間にニューヨークに留学、1998年にはベテランのピアニスト、Duke Jordanと、1999年にはアンドレ・プレヴィン指揮とピアノでのNHK交響楽団の定期公演にて大坂昌彦(Drms)と共に共演。レコーディングではピアニスト進藤陽悟プロデュースの二胡奏者のヤンヤンの2003年に順次リリースされた1st、2ndアルバムともに参加。また歌手の中島啓江のバックバンドを努め、二胡奏者のウェイウェイ・ウーとの共演などジャズのみならずポップス、フォーク、ロック、クラシック音楽等、精力的に活動している。作曲家としても2000年7月に弦楽合奏曲「"I"Sings Your Song」を発表、初演。オルフ室内合奏団、麻生フィルハーモニー管弦楽団、多摩管弦楽団に所属。

吉岡 大輔(ドラム)
1975年5月6日、広島市生まれ。14歳でヤマハミュージックスクールにてドラムを始め、専修大学にてジャズ研究会「MJAブルーコーラル」に所属。2002年、辛島文雄(pf)Group、鈴木勲(b)Groupに参加。2004年より天野清継(gt)とSilent Jazz Trioを結成。現在、レコーディング、ツアー、ライブコンサートなど全国各地で活動中。レギュラーバンドも多岐にわたり精力的に活動している。また2005年より自分たちの音楽性を追究するため、Funky Expressを結成し、新宿Pit-inn、渋谷Jz Brat等、Jazz Live House、Clubにて活動を展開中。繊細でダイナミックなドラミングとジャンルを問わない音楽性は多くのファンを魅了している。

《チケット購入》
チケット:一般 2,500円
★この他にもお得なチケットをご用意 ※電話予約・窓口販売のみ
2枚セット券:4,500円
500円お得になる、公演ごとに使える2枚セットのチケット
4枚セット券:8,500円
1,500円お得になる、公演ごとに使える4枚セットのチケット
障がい者割引チケット:2,000円
※付添い1名まで同額で購入可
※電話・窓口で予約の上、当日会場へ。会場にて障がい者手帳提示の上、代金とチケットを引き換え。
※付き添いの方が予約される場合は、お電話のみにて承ります。詳細は川崎市アートセンターまで。
※全て全席自由・税込
※再発行不可

主催:川崎市アートセンター
共催:(株)エリアブレイン、(株)プレルーディオ
後援:NPO法人 しんゆり・芸術のまちづくり、「音楽のまち・かわさき」推進協議会


【お申込み・お問合せ】
●電話予約
(株)エリアブレイン
TEL:044-954-9990(平日10:00〜18:00)
指定口座:横浜銀行 新百合ヶ丘支店 〈普通〉1025683
口座名義:マイタウンゴールドメンバーズ
※上記時間帯以外および土日祝日は留守番電話対応。
※留守番電話の場合、お客様と連絡が取れた時点でご予約が成立となります。
※電話予約の場合、お支払いは下記指定口座へのお振込み、チケットは当日会場でのお渡しとなります。
●窓口販売
・マイタウンチケットセンター
(新百合ヶ丘駅南口徒歩3分 新百合ケ丘マプレ1F「しんゆり写真工房彩」内、9:00〜21:00、土日祝も営業 ※不定休)
・川崎市アートセンター
(新百合ヶ丘駅北口徒歩3分、9:00〜19:30 ※毎月第2月曜休館)
・(株)プレルーディオ
(新百合ヶ丘駅北口徒歩1分 昭和音楽大学北校舎内、10:00〜17:00 ※土・日・祝日除く)
●WEB予約
川崎市アートセンター
URL:http://kawasaki-ac.jp/