CHARMS OF SHINYURI
しんゆりの魅力

辻仁成の人気小説「ミラクル」をミュージカル化 10/14(月・祝)~20(日)アートセンターで上演

ミラクル

「ミラクル」の練習風景



2009年、昭和音楽大学にてふじたあさや氏による脚本・演出、西村勝行氏による音楽でミュージカル化し上演された、辻仁成氏の人気小説「ミラクル」。この度、小劇場空間に合わせて戯曲を書き直して新曲を加え、川崎市アートセンターにてシェイクスピアシリーズを手掛けてきた河田園子氏を演出に迎えた、新たな「ミラクル」が川崎市アートセンター アルテリオ小劇場で上演されます。

主人公の少年アルはピアノ弾きの父親シドと2人暮らしで、ママに会ったことがありません。「雪が降ればママが帰ってくる」とシドがついた嘘のために、冬になると南方に住み替える生活を送り、シドは妻を亡くした辛さに酒量が増えていきます。「ママっていったい何なの?」「ママってどこにいるのだろう?」「ママってどういうものだろう?」謎の紳士ダダとエラソーニが見守る中、アルはついにママ探しを始めます。子どもの頃はあったのに、大人になるとなくなってしまうものとは?美しい音楽と共に、親子の成長が感じられる作品です。


[INFORMATION]
しんゆりシアター ミュージカル公演「ミラクル」
開催日時:2019年10月14日(月・祝)14:00、15日(火)18:30、16日(水) (1)14:00 (2)18:30、18日(金)14:00、19日(土) (1)14:00 (2)18:30、20日(日)14:00
※17日(木)は休演
※開場は開演の30分前
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(麻生区万福寺6-7-1、小田急線・新百合ヶ丘駅北口徒歩3分)
原作:辻仁成(文)、望月通陽(絵)「ミラクル」(新潮文庫)
脚本:ふじたあさや
演出:河田園子
音楽:西村勝行
出演:井上一馬、太田有美、鹿志村篤臣、黒沼亮、関谷あづみ、中野亮輔、福沢良一、藤咲みどり、水谷圭見、矢鳴優花、山下清美 ※五十音順
演奏:山田由起子(ピアノ)、古川真理(バイオリン)、やまだはるな(パーカッション)
料金:一般 4,000円、学生 2,500円(全席指定・税込)
※未就学児の入場不可
※車いすでの来場は川崎市アートセンターに連絡
チケット取扱い:電話 044-959-2255(9:00~19:30 ※土日祝・原則毎月第2月曜除く)、WEB(http://kawasaki-ac.jp/th/)、または窓口(9:00~19:30 ※原則毎月第2月曜除く)にて

主催:川崎市アートセンター
後援:川崎市教育委員会、NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり、「音楽のまち・かわさき」推進協議会


【お申込み・お問合せ】
川崎市アートセンター
TEL:044-955-0107
URL:http://kawasaki-ac.jp/